無痛分娩

無痛分娩の基礎知識

0
無痛分娩の基礎知識
無痛分娩のメリット・デメリット(リスク)
無痛分娩への周囲の声・偏見

無痛分娩について勉強してみる


勉強

「生きてた中で一番痛い」と散々先輩妊婦に脅され、正直産むのが怖くなってきて、最近は情緒不安定。
「産み終わったら忘れちゃうよ」なんて言うけど…じゃあ最初から脅さないでよ(泣)

海外では無痛分娩が主流の国もあるらしい。
痛みを和らげて安全に産める方法があるのであれば、私もそうしたい。
運良く里帰り先の病院が土日や昼夜関係なく麻酔をしてくれるらしい。

「陣痛が無ければ愛情が産まれない」「麻酔を使うと子供に悪影響」なんて声もあるけど、帝王切開のお母さん達は立派に子供を育てているんだから、私は気にしない。
ただ、麻酔や薬の副作用に不安が無いわけではないので、「無痛分娩の基礎知識」を調べてみた。

無痛分娩とは


局所麻酔or全身麻酔によって、お産の痛みを取り除く方法。
最近は局所麻酔である硬膜外麻酔法が主流。

麻酔を使い、お産のときの痛みをやわらげる出産法。部分的に麻酔がかかる局所麻酔と、全身にかかる全身麻酔とに大きく分けられます。最もポピュラーな硬膜外麻酔では、陣痛をのがし、子宮口が4~5cm開いてから麻酔を注入します。麻酔と聞くと「生まれた瞬間もわからないのでは」と思いがちですが、この方法なら産声を聞くことも可能。緊張しやすい人や初産が難産だった人などは無痛分娩のほうがスムーズ、ということも少なくありません。


引用元:goo ベビー


麻酔の種類


●硬膜外麻酔(局所麻酔)


主流。血液に麻酔液が入らないので赤ちゃんへの影響はまずない。意識もはっきり。自分でいきむ。

●脊椎くも膜下麻酔(局所麻酔)


運動機能が麻痺するので陣痛が弱くなる可能性。吸引・鉗子の可能性アップ。

●会陰部神経麻酔(局所麻酔)


出てくるときの出口の痛みのみブロック。

●笑気ガス等吸入麻酔(全身麻酔)


あたまがお花畑になってしまう。

●静脈麻酔(全身麻酔)


胎盤を通して赤ちゃんにも麻酔が流れる可能性あり。


赤ちゃんへの影響


これがたぶん世の産婦の一番心配な所。
でも最近主流の局所麻酔(硬膜外麻酔法)では心配はいらなさそう。

●局所麻酔(硬膜外麻酔法):影響はほとんどなし。
●全身麻酔:赤ちゃんが眠ったまま出てくることがある。

無痛分娩の流れ


[1]計画入院 or 陣痛がきてから入院(里帰り先の病院は麻酔科医常駐なので後者)
[2]子宮口がある程度開くまで痛みに我慢 or お願いしたタイミングで麻酔開始(里帰り先は後者)
[3]背中を消毒して局所麻酔をして、ぶっとい針をさす。
[4]硬膜外に細いカテーテルをいれる。
[5]麻酔注入。30分ほどで効いて、1-2時間で切れる。様子を見て麻酔を足す。
[6]子宮収縮の感覚は残し、意識がはっきりした中、自分でいきんで産む。

針を刺すのが痛かったという人もいるが、局所麻酔をしていなかったんだろうか。
里帰り先の病院に詳しく聞いてみよう。
関連記事