[1人目]妊娠後期(8~10ヵ月)

貧血妊婦の食事=鉄分+タンパク質+ビタミンC[1人目]妊娠28週目(1)

0

貧血発覚


妊娠後期突入。
28週妊婦健診の血液検査で貧血が発覚し、フェロミアなる鉄剤を処方される。
もともと貧血気味ではあるんだけど、妊婦は胎児のために血液量が増えてよけい血が薄まるんだとか。

副作用で吐き気がでるかもしれないから、一緒に胃薬も処方された。
飲んでみたら、幸い目立った副作用は出ず。でも、便が黒くなった…

貧血とは、血液の成分のうち、赤血球に含まれているヘモグロビンが不足する症状。妊娠すると、母体の体重が増加し、胎児の血液を確保するという理由で、血漿量(液体成分)と赤血球量をあわせた血液量がアップします。ただし、赤血球量の増加よりも液体成分の血漿量の増加の方がはるかに多いため、血の量は増えますが、薄まった状態になり、貧血のように見えるわけです。
血液が薄まるのは妊婦の生理的現象ですが、妊娠中期になると、身体はさらに血液量を増加させるため、鉄欠乏性貧血を発症する方も多いです。鉄欠乏性貧血になると、疲れやすい、動悸、息切れ、めまい、立ちくらみ、頭痛といった症状があらわれます。発症した場合、鉄剤が処方されます。この時は、鉄分の吸収を阻害するタンニンの含まれる紅茶などの摂りすぎにも注意しましょう。

引用元:赤すぐnet



貧血妊婦の食事


食事

薬だけに頼らず、鉄分を多く含む食べ物をとるようにも一応気をつけてみた。

とりいれやすくて、よく食べたもの


・高野豆腐:味噌汁にいれてみた。
・小松菜:ヒスタミンがはいってるほうれん草より小松菜がいいらしい。
・プルーン:便秘にもよさそうなのでおやつに。
・大根の葉+納豆:大根の葉を軽くゆでて、刻んで納豆にいれてたべた。
・切り干し大根:なかなか自分じゃ作らないし、久々食べるとなかなか美味しい。
・ごま:卵スープとかにぱらぱら入れたり。
・豆腐:まだ時々出るつわりで食欲のない日は、豆腐サラダにしてポン酢で食べた。

なんとなく、あまり食べなかったもの


・レバー:火を通したレバーはあんまり好きじゃないし、ビタミンA多めの食べ過ぎ注意食材なので手が出ず。
・ひじき:ヒ素がどうのこうのの話で、量の問題とはいえあんまり積極的に食べる気にもならず。

手っ取り早く補助食品


「鉄・Caウエハース+葉酸」:ちょうど鉄分入りの葉酸タブレットもなくなったので購入。
おやつにぽりぽり。

鉄の吸収率アップ食材


ブロッコリー

貧血で色々調べると、鉄分を吸収するにはビタミンCとタンパク質が必要らしいことがわかり、同時に取り入れてみた。 ついでに造血機能が高まるビタミンBも追加。副菜にしたり、おやつにしたり。

ビタミンC


・ブロッコリー:ゆでて青じそドレッシング
・キャベツ:千切りにしてポン酢かマヨ。
・グレープフルーツ:デザートに。

タンパク質


・鶏卵:納豆に入れてみた(本当は妊婦は生卵は避けるべきらしい…)。
・ハム:トマトやスクランブルエッグ・チーズと一緒に、クロワッサンサンドイッチにした。
・チーズ:サンドイッチにしたり卵焼きに入れたり。

ビタミンB


・トマト:冷やすとつわりの時でも食べられる。
・さつまいも:便秘にも良さそう。おやつに。
・豚肉:豆腐と合わせて麻婆豆腐。

鉄の吸収率を下げるもの


コーヒー

タンニン


・コーヒー・緑茶・紅茶:タンニンが鉄イオンと結合してしまうらしい。

たくさん飲まなければ大丈夫だろうけど、どっちにしろカフェインを控えているので、それをそのまま継続。
外出先では1杯くらい普通のも飲むけど、家では液体のカフェインレスコーヒー(デカフェ)でカフェオレ。
TSUJIMOTOcoffeeのデカフェオレベースがおいしくて箱買い。甘さもちょうどいい。

いろんなメーカーからデカフェがでてるみたいだし、よく聞く「コトハ」とか「たんぽぽコーヒー」もちょっと気になる。


関連記事