[1人目]妊娠後期(8~10ヵ月)

大きいお腹が原因で妊娠性水腎症に[1人目]妊娠30週目

0

尿が逆流!?


21-23週の背中の痛みが復活。脇腹も。前と同じ右側。
鈍痛+微熱も出てきちゃって産婦人科へ。
結果、妊娠性水腎症のなりかけですねとのこと…なにそれ!
膀胱炎かと思ったら、なんか凄そうな病名言われてビビる私。

尿細管から腎盂(じんう)、尿管、膀胱、尿道までのどこかで尿の流れが閉塞された状態を尿路閉塞症(にょうろへいそくしょう)といいます。そのなかで、とくに腎盂よりも下部の尿路閉塞によって腎盂と腎杯(じんぱい)の拡張が生じ、その結果血流障害が生じ、この状態が続くことにより腎実質は萎縮していきます。このように腎盂・腎杯の拡張に、腎実質の萎縮(いしゅく)を伴っている場合を水腎症といいます(図7)。

引用元:gooヘルスケア



妊婦の場合、大きくなったお腹(子宮)が内蔵や尿管を圧迫することがあるらしく、尿が逆流して腎臓が腫れるとのこと。
私も尿が若干逆流していて、エコーで見せてもらったら明らかに右の腎臓が大きかった。
ひどくなると、尿管にステントっていう管をいれる手術をしたり、
背中から直接針で尿を抜いたりするらしい…超痛そう。

エコーで赤ちゃんの様子も観察してくれた。
色々検査して早産傾向や胎児の異常もないし、痛みも激しくはないので、抗生物質を処方されて様子見。

・BPD(頭の横幅):80.2mm
・APTD(おなかの縦幅):74.5mm
・TTD(おなかの横幅):72.2mm
・AxT(お腹の縦幅×横幅=断面の面積)53.78mm
・FL(太ももの長さ):59.1mm
・推定体重:1639g(31w2d相当)



30週エコー写真
↑左が胴体断面(黒い丸は胃等)。右が頭部断面。

30週エコー写真
↑顔2連続。左が顎側、白いところが鼻。

クランベリージュースが効くっていうウワサ


どうにか悪化させたくなくて色々調べると、クランベリージュースが膀胱炎・尿路感染予防に効くっていうウワサを見つけたのでさっそく購入。
民間療法だから気休めかもしれないけどね。
ネットで調べたら効くとか効かないとか色々書いてあったけど、レビューでは尿路感染とか膀胱炎の人に評判良いものもあったし、「ポリフェノールいっぱい」とか「抗酸化力とか強い」とか書いてあるし、まぁ飲んでみても損はなさそう。

濃いほうが効くかなと思って、 順造選の クランベリー100%ストレートジュースを購入。
…想像以上に酸っぱい!でもなんかその酸っぱさが効きそうな感じ。
そのままで飲んだほうが良いんだろうけど、他のジュースで割るとカクテルみたいで結構いける。
肉料理とかにも使えそう。

出来るだけ果汁の比率が大きいものを探して、同じく順造選の果汁50%のクランベリージュースを購入。
こっちは砂糖も入ってて、普通にジュースとしておいしい。
酸っぱいのが苦手な人はこっちのほうがいいかも。

順造選のサイトには「クランベリージュース飲用と細菌感染の推移」っていうグラフが。

米国ではお医者さんが女性に日常摂取を推奨しているクランベリー。
クランベリーには尿路感染に対する抗菌作用が認められています*1。注目されるのが、プロアントシアニジンというポリフェノールに属する成分。クランベリーに特有のポリフェノールで、尿路や膀胱への菌の付着・定着を阻害します。

引用元:順造選スペシャルサイト

関連記事