[1人目]妊娠後期(8~10ヵ月)

赤ちゃんの頭がグイグイ押しているのを感じる!(初産での無痛分娩出産レポ/子宮口10cm全開大編)[1人目]妊娠40週目

いよいよ分娩本番



2日目 7:00 子宮口全開大


入院から24時間経過。

朝5:30、しめつけるような子宮の痛みで目が覚め、ナースコールをして麻酔追加。
7:00には子宮口が自然に10cmまで全開大。
赤ちゃんの心拍も血圧も異常なし、バルーンやラミナリア・注射等の処置は一切なしで済んだ。

2日目 9:00 陣痛促進剤の点滴


lid.jpg

さて、子宮口は10cm開いて準備は整ったけれど、赤ちゃんマイペースらしく…まだ降りてきていない。

これは微弱陣痛、ということで陣痛促進剤の点滴を開始。夫が同意書にサイン。
微弱陣痛と言っても、全然痛みは微弱じゃなくて相当痛いことを初めて知りました。

あらかじめ確保してあった血管に点滴を開始しすると、すぐに強めの良い陣痛がやってきた。
残念ながら期待していた「回旋」はわからなかったけど、赤ちゃんのあたまが出口に向かってグイグイ押してるのがわかるように!…なんだかすごく面白い!
お腹を撫でて、頑張れ!頑張れ!と心のなかで応援。

少しずつ外に出てくるのがリアルにわかる。
赤ちゃんが外に出やすい姿勢をいろいろ考えて横になったり仰向けになったりリクライニングを調整してみる。
酸素がよく行くように深呼吸も。
この状態がお昼まで約2時間。
普通分娩なら痛すぎてこんな余裕なんかないはず。痛みに悶えていたんじゃないかな…


次回 排臨/発露編に続く
関連記事